概要

 抗がん剤を投与する薬物療法は、手術療法、放射線療法と並ぶ有効ながんの治療方法です。近年、抗がん剤の副作用を和らげる薬が進歩し、がん化学療法を外来(通院)で受けていただけるようになりました。

 がん治療の進歩は目覚ましく、画期的な治療法が次々と開発されています。がん細胞を攻撃する従来の抗がん薬以外にも、がん細胞が持っている特定の分子だけに作用する「分子標的治療薬」や、がんが免疫作用をすり抜ける仕組みを阻害する「免疫チェックポイント阻害薬」などの新しい薬剤が開発され、ますます治療の選択肢が増えています。当院ではこれらの治療を、安全かつ快適に治療を受けていただけるよう専用の治療室を設置しています。

内容・特色

■治療を受ける患者さんのサポート

 外来化学療法室には専任の看護師が在籍し、通院で継続した治療が受けられるよう日常生活の過ごし方や副作用の対処方法、治療と仕事の両立など、さまざまなご相談に対応しています。患者さんがその人らしく安心して治療が続けられるよう、最小限の苦痛で最大限の効果が得られることを目指し、安全で安心できる確実な治療、一人ひとりの患者さんに寄り添った看護が提供できるように努めています。

 そして、がん薬物療法に精通した薬剤師も在籍しており、投与する抗がん薬の投与量や点滴の方法が正しく予定されているか確認したうえで、安全キャビネットで抗がん薬の調整を行い、安全ながん薬物療法の提供に努めています。さらに、外来化学療法室での治療中にベッドサイドまで訪室し、薬剤の情報提供や丁寧な副作用の聞き取りにも取り組み、安心な治療環境の提供にも努めています。

 外来化学療法室では主治医、看護師、薬剤師に加え、内容に応じてリハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー、栄養士、公認心理師等が連携し、患者さんを支えられるよう支援します。

 

治療を受ける患者さんの就労サポート

 がん治療を受けるにあたって仕事、家庭生活へ大きな影響を与える場合があります。

特に仕事と治療の両立は多くの方が悩みを抱えてしまいます。

 「がんになったことを、どのように職場に伝えたらよいか?」「治療のために引き継ぎしないといけない?」「仕事を辞めないといけないの?」「経済的に心配」「職場復帰できるんだろうか?」など、仕事と治療の両立に向けて相談窓口をご紹介いたします。

 がん治療と就労に関して、鳥取県健康政策課のホームページ「がん患者の就労労働相談ワンストップサポート」でも相談窓口を紹介しています。詳しくは、医療スタッフまでご相談ください。

設備

 外来化学療法室には、ベッド4台、テレビを完備しています。治療中の患者さんの苦痛を少しでも和らげるために快適な治療環境を目指しています。

主な実績

令和2年度 令和3年度 令和4年度
化学療法数(件) 585 521 549

 

部門

page-kotei3.php

  • 在宅医療センター
  • 人間ドック受診予約
  • 病児保育かるがも
  • お見舞いメール
  • 病院情報の公表
  • ふくよね博愛クリニック
  • 博愛こども発達・在宅支援クリニック
  • 介護老人保健施設やわらぎ
  • 医療支援型グループホーム博愛
  • 採用情報